診療科目

当院では開院以来、アトピー性皮膚炎をはじめ、多くの皮膚疾患の患者さんの診療にあたっています。皮膚のことでお悩みや、不安に感じられることがございましたら、当クリニックにご相談ください。


一般皮膚科

湿疹・皮膚炎全般、アトピー性皮膚炎、じんましん、虫さされ、疥癬、みずむし、尋常性乾癬、円形脱毛症、にきび、とびひ、水いぼ、ウイルス性いぼ、帯状疱疹、単純疱疹などの治療にあたっています。
爪のみずむし(爪白癬)には、内服、外用どちらかの治療を患者さんと相談しながら選択しています。
ウイルス性いぼには、液体窒素による冷凍凝固を行っています。
乾癬、白斑、円形脱毛症などに対する紫外線治療(ナローバンドUVB)を行っています。

  • 診察風景
  • 検査風景

 

皮膚外科

基本的な外科治療も行っています。傷跡を特にきれいにしたい方は美容皮膚科、形成外科を紹介させていただくこともあります。

おでき等の切開
粉瘤という皮膚のふくろに皮脂や角質が貯留したものが、急に赤くはれて痛みがでたり膿をもつ疾患があります。炎症が強い場合、局所麻酔下に切開を行い、内容物を排出させます。


ほくろ、粉瘤の切除
ダーモスコピーで確認し、良性のほくろと診断した場合は局所麻酔下に切除行います。 整容的に問題が残る可能性がある場合は形成外科に紹介させていただくこともあります。
さきほど説明した粉瘤のうち、炎症を起こしていないものは袋ごと切除します。


いぼ(年齢によるもの)
年齢によるいぼ、脂漏性角化症はダーモスコピーで確認し、冷凍凝固術もしくは局所麻酔下に切除行います。


皮膚がんの検査
ダーモスコピーにて、基礎細胞がんや日光角化症などの 皮膚がんを疑われる場合は局所麻酔下にて皮膚生検を行い、診断確定のうえ、総合病院を紹介させていただきます。
ダーモスコピーにて悪性黒色腫(メラノーマ)を強く疑われた場合はそのまま大学病院へ紹介させていただきます。




巻つめの治療

  • 巻つめの治療の写真

    マチワイヤという超弾性ワイヤーによる矯正治療を行っています(自費診療)。治りにくい場合は根治術を行うため手術可能な医療機関を紹介させていただきます。

 

膠原病

総合病院、大学病院と連携をとりながらの治療や定期的なフォローを行います。

アレルギー

アレルギーの原因検索のため、採血、パッチテストを行います。

往診

寝たきりの方の床ずれや皮膚トラブルの往診を行います。ご希望される方はご家族が来院されるか、訪問介護士、ケアマネジャーさんにご相談ください。
遠距離は対応困難なため、四日市市内の方に限らせていただきます。

 

受付の方法

初診の方は直接ご来院ください。予約はできません。長い時間お待ちいただく場合は、外出し、電話で順番がきたことをご連絡させていただくことも可能です。
一連の疾患で再診が必要な場合、次回予約を診察終了後にとらせていただきます。その場合、電話での予約変更には対応できませんのでご了承ください。(病気、天候などやむを得ない理由で予約変更される場合は対応いたします)
午後の診療を希望される方は午後の受付にお越しください。午前は午前の受付のみで、午後の受付を午前に行うことはできません。

月曜、火曜、水曜、金曜、土曜の午前8時30分から12時まで、月曜、火曜、水曜、金曜の午後2時30分から6時30分まで受け付け可能です。
土曜の午後は予約の方のみとなります。
また、木曜は手術、検査日ですので通常の受付はできません。

午後の患者さんが多い時は受付終了時間前に受け付け終了する場合がありますので午後遅めに来院される場合はお電話でご確認いただければ幸いです。